展転白書

作曲面、日常とウェブ上でのやりとりについての反省や見直しを行う個人的そして自戒的な記録。

2019年3月中旬

チャンネル登録者数:119 +27
フォロワー数:105 +3

聴いた音楽
Tycho

f:id:irukatoumiyagana:20190315203506p:plain

Bibio

f:id:irukatoumiyagana:20190315203531j:plain


Steve Reich

f:id:irukatoumiyagana:20190315203608j:plain

Shingo NAKAMURA

f:id:irukatoumiyagana:20190315203623j:plain

Boris Blenn

f:id:irukatoumiyagana:20190315203640j:plain


Bonobo

f:id:irukatoumiyagana:20190315203655j:plain

最も聴いているアルバムはTychoのEpoch、BonoboのSweetnessである。早い所EQで覗いてみたいのだがどうも忘れてしまう。ダンスミュージック漬けの日々の中では、低音とミドルのバランスを意識した作曲がメインとなっていたのだが、その作り方に慣れてきたところで、少し目立たせる音域をずらす事にしようかなと思っている。
高音はあまり着目したことがなかったのだが、モニターヘッドホンを購入しつかってみたところ意外とアプローチが効く音域であることが分かる。歪ませた音が高音で暴れている音楽は耳が痛いので好きではないが、軽視しすぎていた点は反省。

サンプラーについて
ドラムやパーカッションなどのループはよく使う。しかしギターやらシンセやらは全く使った試しがない。もうじき新しい音源を買うが、その中にループ物があるらしいので色々とネットで調べてみた。結果たどり着いたのはサンプルを積極的に使用することの重大さであった。
考えてみればパソコンのみで音楽が作れるという画期的な時代なので、カセットで出来る演出はより容易く出来るもの。既存の音源を切り貼りして曲を作りつつ、新しいアイデアを拾うこともできる。なぜか魅力を感じていなかった。サンプルは今や専門で売買している会社もあり、それ自体は日本ではあまり盛り上がってはいないらしいが、近いうちに触ってみたい。とりあえず拾えるサンプルは拾い、どんどん取り入れてみる。

TuneCore
TuneCoreに登録するに際して必要な「アルバムのジャケット」の画像が、地味に私の壁となっている。イラストを依頼する金はない、かといってフリーの画像を使用しても既に使用されている場合も充分あって歯がゆい。なにより個人での使用頻度が高いPixabayの中には著作権フリーと偽り無断で転載された画像が結構あるのだ。なかなか酷い話である。そこでiCloudの使い勝手を最近知ったこともあり(今更)、スマホのアプリでテキトーに画像を加工したものを使うことに決めた。

LANDR
と考えていたのだが、そんな折にこちらのサービスを発見。リリースだけでなくマスタリングもしてくれるという非常にありがたいものだ。アルバムごとに統一感を出すマスタリングをすべてAIに任せているらしく、ミキシングまでしか行いたくない私のような人間には打って付けのサービスである。私はTune Coreではなくこちらを利用することにした。
PayPalへ口座とカードの登録を終え、あとは曲のバリエーションを豊かにするのみ。

2019年1月18日時点での記録

チャンネル登録者数:92人 +34

フォロワー数:102 -3

 

聞いた音楽

FPM

勉強になる。

 

セラニポージ

コード感の強い曲を見つけたため再びハマる。

 

Nujabes

 

これらのアーティストは、(一概に言えないが)曲を通して複雑性を含む構成は控えてある。特にFPMや横田進をはじめとするクラブ向きのタンスミュージックを主力としているスタイルでは、関係調への転調やメロディの変化はあまり見られない。ただ、これはきっとエレクトロニックミュージック全般に言えることだと予測できる。クラシックのように”聴く音楽”でない以上、聴衆に集中力を働かせる或いは感情面を奮い立たせるような描写は優先させるべきではないからだ。クラブの空間に必要なのは安定したリズムを序列の先頭に置いた”踊るための音楽”である(勿体ない)。

それに見習い最近では聴きやすさを重視したものばかり作るようになった。特に展開面での工夫を最低限に留め、コードはMajor 7を多用して口当たりの良い音を作るよう意識している。以前は主題の切り替わりが多い故に、聴きどころに偏りが生まれ、もう一度聴きたいという欲が出ない作りになっていた。さらに、意外性多様性を求めるあまり、個人の思想のみの具現化を脱しておらず、聞き手の目的である想像や癒しを許さない曲調となってしまっていた。

まあそれはそれで良いのだが、自分で聞いていても灰汁が強く出すぎている。よゐこ濱口風に言えば「当てに行っている感が強い」のだ。しばらくは強い主張をしないようにする。

サックスの音やミックス時の位相或は音域などの処理など、まだまだ障害は多い。

たまにブツブツと語ったベースとキックのバランスについては「人によって前面に出す位置がバラバラだし、国によっても違うから、あまり考えなくても良いのでは?」というある種の逃避型結論がでた。悪い癖。しかしあまりにも「ていおん!」な音楽だと聞いてて嫌になってきてしまう。元々クラブという場に相応しい音楽が私のルーツとは程遠く、それでいながら4つ打ちのキックで表現可能な作品に魅了されたために、本来定義されるエレクトロニックミュージックと自身の表現するエレクトロニックミュージックの間には大きな隔たりがある。その障壁のひとつが”強い低音”なのだ。ただこの勝手に作っていた常識はアンビエントですでに崩壊しているはずなのだが、深層の呪縛から逃れられないでいる。納得するまでもう少し攻めるべきか悩む。

 

備考

FM8のプリセットは少しずつ把握出来ている。

 

 

購読しているブログのいくつかが更新を止めている。大丈夫だろうか。

 

 

 

 

 

 

2018年11月19日時点での記録

チャンネル登録者数:58人 +20

フォロワー数:105人 −5

 

配信サイト

オーディオストック

1曲のみ審査に受かる。

クレオフーガ
フリクル

意外と聞かれているかも。

チューンコア

 

聞いた音楽

The Books

色々あさくってる。

横田進

Sound of Sky - 初めて聴く。

精力的にアルバムを量産していたこともあり、まだすべてを聴けていない。naminoteがお気に入り。

 

 

備考

FM8のプリセットを少しずつ把握すること。

書き出す際に音源の名前を付けるため、その曲で使用した音はすぐに再確認できる。しかし元々のプリセットの量が膨大なのでどうしても迷うことがある。時間をかけて把握していき、可能な限り迅速に選べるようになりたい。

 

最近は割とメロディ重視だった。

コード進行 邦楽 その1

チャンネル登録者数:38 +6

フォロワー数:110 +1

中谷美紀 マインドサークル

Key:F

||FM7-Bm7-5(Faug/B)|B♭M7|Gm-Gm7/C|FM7||

||FM7-Bm7-5(Faug/B)|B♭M7|Gm-A|Dm-F||

 

Bm7-5 = シ、レ、ファ、ラ

Faug/B = シ、ファ、ラ、レ♭

 

PUFFY これが私の生きる道

Key:E

||E|Bm|C#m|F#||

||A|B|A|D-B||

||E|Bm|C#m|F#||

||A-B|E-C#m/B|A-G#|C#m||

||F#m-B|E||

 

ユニコーン 立秋

Key:Em(G)

||CM7| - | - | - ||CM7| - |Em7| - ||

||CM7|D|Em|D||CM7|Bm7|Am7| - ||

||CM7|D|Em|D||Am7|GM7|F#m7|Em7||

 

 

こわい

チャンネル登録者数:32 ±0

フォロワー数:109 +1


真剣に自殺を考える一週間であった。風邪をひいて、親知らずの痛みに苛立ち、そして最大の懸念である金銭の問題。いっそのこと、土日も含めて毎日アルバイトでもしようかな。金がないって、罪なんだな。ニートやホームレスの特集をYouTubeで見て回ったのだが、コメント欄に書かれていたのは「自業自得」という言葉ばかりであった。迷惑もかけずに生きている人への影口は、INTJと診断された私でさえも苦笑いするレベルで陰湿なものであった。言うほど皆努力していない。部相応の生活であれば、さほど頑張る必要なんてないものだ。逆に、相応の努力を重ね、目標を達成した人間は、語弊かもしれんが転落した人生を歩む人に対して先述のような言葉をかけることはないのではないだろうか。匿名掲示板や匿名動画サイト特有の現象か?普段は大人しく木陰に生えている茸が、姿を視認できない環境に身を移した途端に毒を吐きだす。それは猛毒であるが、殆どが「感情論から作り出した論理的思考のような情緒的文章」であった。よく見る流れが、動画内の人物への物言いがコメントされており、それに対する論理立てた(それでも多少強引な)返事と余計な一言(小学生でも分かりますよ的な挑発)、そしてさらにその返事と余計な一言、、、以後繰り返しという些か狂気さえ感じる光景。こんなこと現実ではまず起こり得ない。いや、起こらないよな?それとも私がそういった一部始終にたまたま立ち会ったことがないだけなのか?

酒を飲むと恐ろしく支離滅裂な日記が出来上がるな。未来に対する恐怖、人に対する恐怖、金に対する執着。それだけで動き続ける毎日。

自殺した後、その後始末はかなり大変なのだそうだ。まあ確かに、それまで生きていた人間が一人消えるのだ。それまで払っていた年金や保険、借りていた部屋、職場など、整理しなければならないものが多く、整理する人の人数と業務の数が相当かかるのではないだろうか。想像してみると少し笑える程に申し訳ないな。そんな真剣にならんでもええよ?って労いたいわ。だが税金にしろ賃貸にしろ、私以外の人にも相当な影響が及ぶのだから、そりゃ真剣にならざるを得んよな。

適当に生きるべきだったわ。もっともっと適当に生きるべきだったわ。あーあ。

2018年10月7日時点での記録

チャンネル登録者数:32 ±0

フォロワー数:108 +1

 

スクリーンキーボードだとどうしてももたつく。

 

前向きに。無理やりにでも前向きにならなければ終わりだ。どうしたって金が必要なのが人生。好きなことを仕事にというのは甘えどころか厳しいという事を今更理解した。手段に拘っている場合ではない。

①目標

音楽で何がしたいのか。多くの人に理解されたいのならば、まずは注目を集めることだ。私の苦手なことは、目標から逆算で導き出した”今すべきこと”の中にあることが分かる。

良い意味での名実一体<フリー作曲家または雇われ<曲を売る<多くの人に聴いてもらう<動画を作るor楽曲配信サービスを利用する

特に、私はウェブ上での自己PRや宣伝といったものが最大の苦手要素であるため、その部分を補うためには上述の赤字部を意識しなければならない。

 

②利用中の配信サービス

  • オーディオストック
  • Frekul
  • TuneCore
  • YAPLE

オーディオストックの審査では5曲中4曲が落とされ、残り1曲に期待がかかる。もともと商業的ではない音楽の指向がここに影響を与えたのだろう。

 

③作れる動画

アニメーションや自主制作には興味はあるのだが、作れるだけのソフトや技術、資金と時間が本当にない。一方誰にでも作ることが出来る所謂「まとめ動画」ならばすぐに作ることが可能であり、私もその類は好きなので楽しむことが出来る。他の作品を借りることが気にならないといえば嘘になるが、他に出来ることがない今、四の五の言っていられない。

 

================================

 

堀之内九一郎氏と南原竜樹氏の著書を読んだ。最近私に金銭的な大問題が発覚し、すぐにでも親と連絡を取らなければならない。だが、どうしても勇気が出ない。男になれないでいる。黙っていたってなに一つ良くならないのにだ。これは自信の問題。自信。自信!自信がないのだ!!どこにある?分からん。分からないから本を読む。どこかに答えへの手綱が落ちていそうだからだ。来週もまた、別の本を読むだろう・・・・・。DAWが起動しなくなったことで、嫌でも現実の問題と向き合うようになった。不安という名の座敷わらしが常に隣に座っている。こいつは生きている以上、その都度姿を変え私の前に現れるだろう。もう何度、金に困ってきたことか。今だからこそ書くが、金が底をつきバイト先の生ごみのコンテナから食べ物を拾っていた一年前。当時に比べ、少しは成長できたと思っていた矢先にこの現実である。自分が自分にとって最大の足手まといだ。本を読んで少しは励みになったのだが、情けない、まだ、どうしても前に進めない。

意味なし

10/1月曜日更新。

もしかしたらパソコンよりもスマホでの更新の方が楽なのではないかと思い、一度試してみることにした。歯が痛い。


先週の月曜、寝坊した。生まれて初めての失態。遅刻はせずに済んだのだが電車の発車時刻まで10分というとてもいきなりハードモードを強いられ、学生の頃以来久々に走った。みっともなかった。とにかく情けない感情しか湧いてこなかった。もう二度とあんな思いはしたくない。


INTJ-Aという診断が覆らない。何度やってもこれに該当される。私はあまり自己主張をすることは稀だと思っているのだが、実際のところどうなのだろう。ツイッターは日常的な出来事や思想を呟くためには使用しておらず、私生活においても発言はあまりしていない。他者から見るとどう写っているのだろうか。診断結果の詳細文を読んだり、関連するサイトを色々と見てみると、たしかに当てはまる特徴は多かった。しかし権威や社会的地位への関心が低すぎるあまり、根草なしの貧乏人になってしまうというアホ丸出しの人生になるとは。私はどうなりたいのだ。


自分の曲が聴かれない、その大きな理由は「必要とされていないから」なのだろう。例えば作曲者の感情を色濃く反映した作品なんかは、大雑把に言えば様々な思惑を奮起させ感動を与えるわけだ。商業音楽は言わずもがな、ゲームやアニメなど所謂主軸である作品をより魅力的なものへと熟成させる価値をもつ。では私は?役に立たないのだ。それでも誰かが分かってくれると信じているが、死ぬまでこのままなのだろうか。

なんか映像作品をもっと作ろうかな。いっそ誰も使わないなら、自分で使い、自分で伝えてゆく他ない。自分の曲を使ってできることをしていくべきか。どうしよう。何者にもならずに埋もれてしまう。


10/2 火曜日更新

DAWが起動しない。

Cubaseも使用不能となったようだ。パソコンの内部ではおそらく汚れの浸食が広まり続けている。しばらく作曲不可能となった。

コードの音を鳴らして遊ぶアプリをインストールしているので、しばらくはそれを使いコード進行のストックを行う。

完全に使用不可能となるまで、それほど時間はかからない気がする。

パソコンを替えたらまた初期設定なりインストールなりの作業が必要となるのか。


ラッキーストライクが500円になっていた。


10/3水曜日更新。

歯痛を抑えるためにロキソニンを服用している。効果時間がなかなか明確ではない。半日持つ日もあれば、4時間ほどで効き目がなくなる日もある。しかし数時間は痛みを忘れることができるのはありがたい。一応飲酒はひかえている。


金欠だ。自分以外の人が全員幸せに見える


スマホだとやはり少しやりにくいな。