展転白書

作曲面、日常とウェブ上でのやりとりについての反省や見直しを行う個人的そして自戒的な記録。

チャンネル登録者数:38 +6

フォロワー数:110 +1

中谷美紀 マインドサークル

Key:F

||:FM7-Bm7-5(Faug/B)|B♭M7|Gm-Gm7/C|FM7:||

||:FM7-Bm7-5(Faug/B)|B♭M7|Gm-A|Dm-F:||


PUFFY これが私の生きる道

Key:E

||:E|Bm|C#m|F#:||

||:A|B|A|D-B:||

||:E|Bm|C#m|F#:||

||:A-B|E-C#m/B|A-G#|C#m:||

||:F#m-B|E:||


Bm7-5 = シ、レ、ファ、ラ

Faug/B = シ、ファ、ラ、レ♭

こわい

チャンネル登録者数:32 ±0

フォロワー数:109 +1


真剣に自殺を考える一週間であった。風邪をひいて、親知らずの痛みに苛立ち、そして最大の懸念である金銭の問題。いっそのこと、土日も含めて毎日アルバイトでもしようかな。金がないって、罪なんだな。ニートやホームレスの特集をYouTubeで見て回ったのだが、コメント欄に書かれていたのは「自業自得」という言葉ばかりであった。迷惑もかけずに生きている人への影口は、INTJと診断された私でさえも苦笑いするレベルで陰湿なものであった。言うほど皆努力していない。部相応の生活であれば、さほど頑張る必要なんてないものだ。逆に、相応の努力を重ね、目標を達成した人間は、語弊かもしれんが転落した人生を歩む人に対して先述のような言葉をかけることはないのではないだろうか。匿名掲示板や匿名動画サイト特有の現象か?普段は大人しく木陰に生えている茸が、姿を視認できない環境に身を移した途端に毒を吐きだす。それは猛毒であるが、殆どが「感情論から作り出した論理的思考のような情緒的文章」であった。よく見る流れが、動画内の人物への物言いがコメントされており、それに対する論理立てた(それでも多少強引な)返事と余計な一言(小学生でも分かりますよ的な挑発)、そしてさらにその返事と余計な一言、、、以後繰り返しという些か狂気さえ感じる光景。こんなこと現実ではまず起こり得ない。いや、起こらないよな?それとも私がそういった一部始終にたまたま立ち会ったことがないだけなのか?

酒を飲むと恐ろしく支離滅裂な日記が出来上がるな。未来に対する恐怖、人に対する恐怖、金に対する執着。それだけで動き続ける毎日。

自殺した後、その後始末はかなり大変なのだそうだ。まあ確かに、それまで生きていた人間が一人消えるのだ。それまで払っていた年金や保険、借りていた部屋、職場など、整理しなければならないものが多く、整理する人の人数と業務の数が相当かかるのではないだろうか。想像してみると少し笑える程に申し訳ないな。そんな真剣にならんでもええよ?って労いたいわ。だが税金にしろ賃貸にしろ、私以外の人にも相当な影響が及ぶのだから、そりゃ真剣にならざるを得んよな。

適当に生きるべきだったわ。もっともっと適当に生きるべきだったわ。あーあ。

2018年10月7日時点での記録

チャンネル登録者数:32 ±0

フォロワー数:108 +1

 

スクリーンキーボードだとどうしてももたつく。

 

前向きに。無理やりにでも前向きにならなければ終わりだ。どうしたって金が必要なのが人生。好きなことを仕事にというのは甘えどころか厳しいという事を今更理解した。手段に拘っている場合ではない。

①目標

音楽で何がしたいのか。多くの人に理解されたいのならば、まずは注目を集めることだ。私の苦手なことは、目標から逆算で導き出した”今すべきこと”の中にあることが分かる。

良い意味での名実一体<フリー作曲家または雇われ<曲を売る<多くの人に聴いてもらう<動画を作るor楽曲配信サービスを利用する

特に、私はウェブ上での自己PRや宣伝といったものが最大の苦手要素であるため、その部分を補うためには上述の赤字部を意識しなければならない。

 

②利用中の配信サービス

  • オーディオストック
  • Frekul
  • TuneCore
  • YAPLE

オーディオストックの審査では5曲中4曲が落とされ、残り1曲に期待がかかる。もともと商業的ではない音楽の指向がここに影響を与えたのだろう。

 

③作れる動画

アニメーションや自主制作には興味はあるのだが、作れるだけのソフトや技術、資金と時間が本当にない。一方誰にでも作ることが出来る所謂「まとめ動画」ならばすぐに作ることが可能であり、私もその類は好きなので楽しむことが出来る。他の作品を借りることが気にならないといえば嘘になるが、他に出来ることがない今、四の五の言っていられない。

 

================================

 

堀之内九一郎氏と南原竜樹氏の著書を読んだ。最近私に金銭的な大問題が発覚し、すぐにでも親と連絡を取らなければならない。だが、どうしても勇気が出ない。男になれないでいる。黙っていたってなに一つ良くならないのにだ。これは自信の問題。自信。自信!自信がないのだ!!どこにある?分からん。分からないから本を読む。どこかに答えへの手綱が落ちていそうだからだ。来週もまた、別の本を読むだろう・・・・・。DAWが起動しなくなったことで、嫌でも現実の問題と向き合うようになった。不安という名の座敷わらしが常に隣に座っている。こいつは生きている以上、その都度姿を変え私の前に現れるだろう。もう何度、金に困ってきたことか。今だからこそ書くが、金が底をつきバイト先の生ごみのコンテナから食べ物を拾っていた一年前。当時に比べ、少しは成長できたと思っていた矢先にこの現実である。自分が自分にとって最大の足手まといだ。本を読んで少しは励みになったのだが、情けない、まだ、どうしても前に進めない。

意味なし

10/1月曜日更新。

もしかしたらパソコンよりもスマホでの更新の方が楽なのではないかと思い、一度試してみることにした。歯が痛い。


先週の月曜、寝坊した。生まれて初めての失態。遅刻はせずに済んだのだが電車の発車時刻まで10分というとてもいきなりハードモードを強いられ、学生の頃以来久々に走った。みっともなかった。とにかく情けない感情しか湧いてこなかった。もう二度とあんな思いはしたくない。


INTJ-Aという診断が覆らない。何度やってもこれに該当される。私はあまり自己主張をすることは稀だと思っているのだが、実際のところどうなのだろう。ツイッターは日常的な出来事や思想を呟くためには使用しておらず、私生活においても発言はあまりしていない。他者から見るとどう写っているのだろうか。診断結果の詳細文を読んだり、関連するサイトを色々と見てみると、たしかに当てはまる特徴は多かった。しかし権威や社会的地位への関心が低すぎるあまり、根草なしの貧乏人になってしまうというアホ丸出しの人生になるとは。私はどうなりたいのだ。


自分の曲が聴かれない、その大きな理由は「必要とされていないから」なのだろう。例えば作曲者の感情を色濃く反映した作品なんかは、大雑把に言えば様々な思惑を奮起させ感動を与えるわけだ。商業音楽は言わずもがな、ゲームやアニメなど所謂主軸である作品をより魅力的なものへと熟成させる価値をもつ。では私は?役に立たないのだ。それでも誰かが分かってくれると信じているが、死ぬまでこのままなのだろうか。

なんか映像作品をもっと作ろうかな。いっそ誰も使わないなら、自分で使い、自分で伝えてゆく他ない。自分の曲を使ってできることをしていくべきか。どうしよう。何者にもならずに埋もれてしまう。


10/2 火曜日更新

DAWが起動しない。

Cubaseも使用不能となったようだ。パソコンの内部ではおそらく汚れの浸食が広まり続けている。しばらく作曲不可能となった。

コードの音を鳴らして遊ぶアプリをインストールしているので、しばらくはそれを使いコード進行のストックを行う。

完全に使用不可能となるまで、それほど時間はかからない気がする。

パソコンを替えたらまた初期設定なりインストールなりの作業が必要となるのか。


ラッキーストライクが500円になっていた。


10/3水曜日更新。

歯痛を抑えるためにロキソニンを服用している。効果時間がなかなか明確ではない。半日持つ日もあれば、4時間ほどで効き目がなくなる日もある。しかし数時間は痛みを忘れることができるのはありがたい。一応飲酒はひかえている。


金欠だ。自分以外の人が全員幸せに見える


スマホだとやはり少しやりにくいな。

心機一転or気分転換の動画投稿

チャンネル登録者数:32人 ±0

フォロワー数:107人 +1

 

MBTIの動画を投稿した。内容は完全に娯楽要素を重視したもの。検証や比較などを目的としていないため、おそらく一部の視聴者からは誤解を招くだろう。まあ言ってしまえば暇つぶしであるため、あまり深く考えないようにしよう。

 

キーボードが壊れた。数か所、全く反応しないキーがある。動作も重く、DAWが強制終了する頻度も増えてきた(なんか変な音がすることもある笑)。7年使用したパソコンともそろそろお別れする日が近い。本命のパソコンを購入するためにはまだ資金が足りない。そこで、スペックは非常に低いが安い品を買うことにした。一時的な対策。今のパソコンのままでは、あまり長い記録を付ける気も失せる。

 

歯が痛い。歯科医か・・・。

 

俯く時間

チャンネル登録者数:32 ±0

フォロワー数:106 +1

 

この時間まで動画を作っていた。

 

好きで音楽を作っているのかどうか、若干怪しく見える。もし本当に好きなら、もっと良質な作品を仕上げるはずなのではと、自身に対して不信感を抱き始めた。決して自分の作品を低レベルと思ったことはなかったのだが、この一週間客観的に作品を見直してみると、やはり他の作曲家に比べて品質が劣っている。音域のバランスも音源のクオリティも、私はまだまだ発展途上未満なのだという不信が募る一週間であった。一度このような思考に走ると、しばらくはもう前向きにはなれない日々が続く。それは過去の経験からして容易に想像がつく。

気を紛らわせるためか、ブログ巡りを始めた。はてなブログに限らず、様々なブログを読んでみた。なんというか、私の悩みなど、本当に大したものではないのだな。もちろん私自身は現在抱えている不安や不満で頭を唸らせている。私の、私に対する不信感は、必ず将来の自分の可能性とやらをかなり縮小させている。加えてこのネガティブ思考がそれを嫌らしいほどに優しく包括し爆発寸前の大きさまで膨張させている。定職に就いていない私にとっては現実的な不安も大きい。安定な環境に身を置く人間しか、私の周りにはいないのだから。だが、世の中ないしは日本にはもっと危機的状況に身を置いていたり、より理不尽な環境で毎日死にたい思いをしている人がたくさんいるのだということを知った。これは結局のところ他者との比較でしかないが、上手く書けないのだけれど、辛い。きつい。なんなんだ、この世界は。私はどうすれば良いのだろう。

そんなことを考えていると、結果作曲には身が入らない。雑念は音を耳障りなものに変える。難儀である。そこで、憂さ晴らしとは言わないが気分転換として動画を作ってみようと思うに至ったのだ。今作っているのはMBTI関連の動画である。海外ではその筋の動画が多量にあるのだが、日本の動画はかなり少ない。需要はないだろう。それでも構わなかった。とりあえず音楽以外で興味のあるものをやることが、今の私には必要なのだ。

動画は多分ではあるが水曜日に投稿できるはずである。

 

木金の2日間、本当に苦痛だった。仕事中常に下を向いていた気がする。自分以外の人間の笑顔が怖い。声が怖い。嫌われることは平気だとか考えていたのだが、孤独を周囲から強いられることは恐怖でしかなく、そんな被害妄想と現実を容易に係属してしまっている。暗い男はただ黙って作業していた。不快だ、自分が不快で不快で仕方がない。頭をかっぽじって脳みそをぶん殴ってやりたい。どこで間違えたのだろう。今だろうか。過去だろうか。いろんな人に置いて行かれている、確実に。